手作りのおもちゃで遊ばせましょう

幼児期はおもちゃを使って想像力を豊かにしたり、新しい発想を取り入れて何か新たなものを作ろうと努力します。
市販で売られているおもちゃで遊ばせるのも良いですが、手作りのおもちゃで教育をしたほうが、親の真心が詰め込まれているので、子供も自由に遊ぶことができます。
日用品であれば、おもちゃを買う必要がないので節約にもなりますし、手作りのほうが世界にひとつだけしかないのでオリジナル性があります。
おもちゃで遊ばせるときは、一人で後片付けができるように教えてください。
自分で出したものは元の位置に戻すことの大切さを教育して子供に物の大切さを認識させてください。
4歳になれば、友達と一緒に遊ぶことができますが、0歳から3歳はおもちゃを飲み込んでしまったり、怪我をすることが考えられるので、保護者と一緒に見守りながらおもちゃで遊ばせてください。
勝手な行動をしたら注意をする勇気を持って子供と接すると子供は同じ間違いをすることはありません。